<< 寝る、寝る | main | 雪だ−寒い >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

長女の進学

長女はなりたい職業があり、その大学に進学している。
今は落ち着いたが、高校3年の時は姑が口出しして大変だった。

姑は家と家業を継ぐのだからと、家から歩いて15分の経理専門学校に行けと言った。そんな学校とっくに廃校になっているのに…
長女の人生は長女が決めればいいことだ!
なのに、散々口出しして 長女は泣くし、私は悪者。毎日々文句言われながらも耐えて長女の希望が叶うよう応援してきた。

第一希望が不合格だった時 姑の第一声は
「あら〜うれし〜〜仏さん私の願いかなえてくれたんや〜。お礼言わなくちゃ!」
だと… 姑は毎日仏壇に向かって 不合格を祈っていたのだ!
「今は悲しくても 悪の道に進もうとしていたのを正してくれたんだから長い目でみれば良いことなんだ」と勝手な解釈…

いい加減にしろ〜

孫まで自分の思い通りに支配しようなんて怖ろしいババアだ。

本家の嫁 * 嫁のつぶやき(過去編) * 15:57 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:57 * - * -

コメント

おはようございます。ありがとうございます。
宗教って困ります。自分は良いことしてるつもりなんだから。
自分が宗教信じるのは勝手だけど、それを押しつけられたらたまりません。あ〜〜おそろしや〜
宗教には凝り固まりたくありません。
Comment by 管理人 @ 2006/03/15 9:42 AM
姑さんの言動ひどすぎますね
お嬢さんもつらい思いをされたのですね
相手の立場に立って考えるんことの出来ない人間と暮らすのは本当に大変です。
いい加減にしろ!って言いに行きたい気持ちです。
Comment by 麗香 @ 2006/03/14 2:11 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ